動画制作はじめました
動画制作の需要はある

動画制作会社に最初に聞いておくこと

動画制作会社に最初に聞いておくこと

動画制作会社に動画制作の依頼をして、編集中の動画で気に入らない部分が出てきた場合、修正が必要になります。

追加料金の金額にも関わるので、会社を選ぶ時には、編集中の修正にどこまで対応してもらえるのかを先に確認することが重要です。

例えば、企画の修正であっても、映像に影響する場面で、大幅な修正が行われることもあります。

修正を希望する場合は、早期に動画制作会社に連絡をする必要があります。

また、修正の場合、納期も遅れたり、追加料金も発生するので、注意が必要です。

製作会社によっては、完成後、1回無料修正ができるサービスがある会社もあります。

その場合、大幅な修正はできないので、できたらぐらいの修正依頼を行うことをおすすめします。

中には、校正と修正を編集中に何度も最初から予定されている、テレビ系の下請けの会社などもあるので、作品実績の画像を確認した上で、どの動画制作会社に依頼をするか慎重に考えるとよいでしょう。

動画制作でオリジナリティを出すには

Web動画制作を動画制作会社に依頼する場合、視聴者から求められるものは、面白いものや興味をひくものです。

そのため、制作会社に依頼する際、何に重点を置くか決める必要があります。

特に、力を入れて欲しいのは、企画構成費用に金額をかけることです。

シナリオハンティングなど、時間が余計にかかってしまうような工程も、オリジナリティあふれる企画成功への道になります。

よい作品にするには、ディレクター費用やシナリオ費用、カメラに凝ると撮影機材費用も高くかかってしまいますが、その分、オリジナリティの高い映像を作成することができます。

Webは、PCやスマホなど、様々な場所でたくさんの人が気軽に、日常的に見る、ツールです。

情報を気軽に得る機会は、TVだけの時代より、更に高くなっています。

企業イメージの動画を、少しでも多くの人に見てもらうように印象付けるには、オリジナリティあふれるWeb動画を作成し、HPや広告でアピールすることです。