動画制作はじめました
動画制作の需要はある

動画制作会社に見積もり依頼を行う前の準備。

動画制作会社に見積もり依頼を行う前の準備。

動画制作会社に依頼をする場合、価格や内容の違いがあるので、複数の会社から見積もりを取ることが重要です。

複数の会社から選ぶ際には、HP上にある動画実績を確認して、自分たちの好みやイメージに近い会社を選ぶとよいでしょう。

また、見積もりをする際には、ヒアリングを行うことがあります。

制作会社を比べるためには、同じ条件で見積もり依頼をする必要があります。

ヒアリングをする前に、作品のイメージを具体的に固めて、制作する目的を決めてから行う方がよいでしょう。

金額にも関わるので、カメラの機材や、エキストラなど、何に優先順位を置くかを決めておくことも必要です。

また、作品中に流す音楽や、イメージに近い他の動画などを事前に用意しておくと、依頼された会社側も具体的な見積もりを出すことができます。

見積もりを出された後は、動画制作会社側から、提案がある場合もあります。

イメージに少しでも加えたいものは、検討してみるとよいでしょう。

動画制作会社取扱い商品

動画制作会社が、取扱う商品は、TVCMやWebCM、企業向け映像制作、ミュージックビデオ制作、商品サービス紹介映像制作、展示会イベント映像制作、ゲームアプリ用映像制作、パッケージ映像制作、個人向映像制作等があります。

動画制作会社ごとに、得意な分野が異なります。

動画制作会社も、TV系制作会社やWeb制作会社、広告代理店、個人系制作会社と様々な種類があります。

番組制作の実績やプロモーション実績など、それぞれ制作会社の強みがあるので、制作実績を確認して、自社が何に重点を置いて依頼をするか決めることが必要です。

通常、企画ができるまでに1か月かかり、作品完成までに1か月、計2か月かかると言われています。

見積もり依頼をする前に、作品の内容をより具体的にすると、企画が早くまとまり、作品完成までの時間も短縮できます。

途中で修正箇所がある場合には、早期に制作会社に伝えることも、早期完成までの道だと思います。

動画制作にはナレーターが必要

動画制作を依頼する場合、映像につけるナレーションを読むナレーターを頼みます。

その値段は、3万円から10万円まで幅があります。

価格の高い人は、人気のある有名なナレーターさんが多いそうです。

企業イメージに合う声は、どのナレーターにしようか悩まれると思うので、ボイスサンプルと呼ばれるサンプルで実際の声を聞いてみることをおすすめします。

ナレーションの価格を安く済ませたい方は、自社スタジオで収録したプロのナレーターの声だけを宅配で送ってもらえる会社もあります。

映像との音合わせやBGMもオプションで申しこめるので、映像制作会社に、台本から映像まで仕上げてもらい、別の会社でナレーターの声を加えるなど、音声を加えることもできます。

オーダーメイドの動画制作

注意点は、音声データの著作権は、ナレーション会社に属するので、二次利用をすることが不可とされているケースもあるので、注意が必要です。

しかし、Web動画などは、動画時間自体が短いものなので、プロの著名なナレーションを使いたいけど、費用的に躊躇している方には、動画制作会社の映像とハイクオリティのナレーションを映像と合成してもらう金額を考えても、ナレーション会社を利用するのはおすすめです。